豊胸手術の方法として知名度の高い「SUB-Q」(サブ・キュー)を紹介します。
SUB-Qはヒアルロン酸の仲間です。
一般的なヒアルロン酸よりも粒子が大きいです。
そのため体への吸収が早く、一度吸収した成分による効果も長持ちすると言われています。
方法としては、SUB-Qをバストに注射します。
体への負担も少なくて施術にかかるのも10分から30分程度です。
ヒアルロン酸は美容効果も発揮するため、吸収すると体にいいことがたくさんあります。
アレルギーなどの心配もなくて安心して使うことができます。

手術はしたくないという人、忙しいため回復期間を短くしたい人などにおすすめです。
バストにボリュームを与えたいとか、授乳で痩せた胸にハリをだしたいと言うようにいろんなバストの悩みを解決してくれる方法です。
SUB-Qを注射するとバストアップができて、その効果は2年ほど持続すると言われています。
高分子のヒアルロン酸を入れるので、自分の望むバストにボリュームを調整することもできます。
プチ整形感覚で簡単にできる方法として人気があります。

SUB-Qのメリット。
・メスを使用しないこと。
・注入量を調整できること。
・バストサイズが左右違うときなどにも微妙な調整ができること。
・注入すれば短期間でバストアップ可能なこと。
・施術の翌日にすぐ入浴できること。

SUB-Qのデメリット。
・効果が永遠には続かないこと。
・1年から2年しか効果が続かないので、施術をするたびに費用がかかること。